パトグラフィー紫式部 〜解読「源氏物語」〜

−鎮魂 紫式部−

野毛 甲斐  駒田 英代
(上田裕一  上田英代)

パトグラフィー紫式部 序論
  1. はじめに
  2. 紫式部像の検討−創造主体の異常性−
    (1) 紫式部像形成の困難性
    (2) 既成紫式部像の一面性と混乱
    (3) 紫式部像形成の視点
  3. 源氏物語執筆順序(後期挿入説)の意味するもの
    −精神的営為の異常性−
    (1) 後期挿入説の概観
    (2) 後期挿入説と紫式部
  4. 引用文献
第一部
  1. 源典侍物語の一般的解釈
    1)物語A 2)物語B 3)物語C 4)物語D
  2. 源典侍物語の再検討
    1.源典侍の名称の検討
    2.各源典侍物語の前後に於ける接続関係
    1)物語A 2)物語B 3)物語C 4)物語D
    3.源典侍物語内での物語Dの独立性
    1) 源氏と祖母おとどとの肉体関係の有無
    2) 好色茶番劇(物語A)暗示の不在
  3. 源典侍物語執筆の順序・時期
        −源氏物語における後期挿入の方法−
    1.執筆の順序 物語D→物語A→物語B→物語C
    2.祖母おとどの原型−物語拡大の手法−
    3.「隠ろへごと」論との相異−物語Aの制作次元
    4.葵巻の巻名の由来−後期挿入の技法
    5.執筆の時期−後期挿入の意図−
  4. 結び・後期挿入と文学性
第二部
  1. 空蝉の親族関係の再検討
    1.源氏と軒端の荻の関係の結末と空蝉の責任
    2.空蝉の母親としての態度
    3.空蝉の人妻としての態度
    4.紀伊守と伊予の介の関係
  2. 空蝉の親族関係の変遷と執筆順序
    1.紀伊守の妹−−軒端の荻の変遷
    (1)夕顔[六]を中心として
    (2)空蝉[三中]
    2.紀伊守などいひし子−−関屋の執筆時期
    (1)関屋[二]の検討
    (2)「空蝉」と「帚木」
    3.湯桁はいくつ−−伊予の介の登場
    4.聞きおき給へる女−−初期空蝉物語
    5.まとめ
  3. 結び
第三部

  1. 夕顔の性格と役割の検討
  2. 常夏の女の検討
        1.惟光報告と帚木〔一三〕との関係
        2.惟光報告と頭中将との関係
        3.夕顔のしるべせし随身
        4.夕顔にまつわる源氏と頭中将
  3. 遊女的夕顔
        1.夕顔〔三〕の特徴
        2.惟光の検討
        3.下の品の断定と推定の違い
        4.夕顔〔一〇〕〜〔一六〕の時間経過
        5.夕顔〔一五〕−−−六條わたり
        6.夕顔〔二二〕〜〔二四〕−−−野辺おくり
        7.夕顔〔一七前〕〔一九〕−−−源氏の病
        8.夕顔〔二七〕の執筆時期
        9.遊女的夕顔の執筆順と巻名
      
  4. 児めきて的夕顔−初期夕顔物語からの変遷
        1.夕顔〔一〕〔二〕〔四〕−−−初期夕顔物語
        2.夕顔〔八後〕−−−しひておはしまさせそめてけり
        3.夕顔〔一〕−−−物語冒頭の役割
        4.夕顔〔九中〕−−−前期夕顔物語への拡大構想
        5.前期挿入夕顔物語  
  5. まとめ
  6. 結び・下の品への執着
雨夜の品定め

  1. 雨夜の品定め前半と後半 − 帚木[二]〜[五]と帚木[六]〜[一五] −
      1.頭中将と空蝉系物語との関係
      2.君のうちねぶりて、− 雨夜の品定め前半と帚木[一六] −
  2. 雨夜の品定め前半の分割
      1.帚木[三]と初期空蝉物語 − 思しいづ・・・ −
      2.初期夕顔物語と帚木[二] − 忍ぶのみだれ −
  3. 「帚木・空蝉・夕顔」三巻全体の執筆順序 − 帚木[四][五]の位置 −
  4. 「帚木・空蝉・夕顔」三巻の中篇化 − 帚木[一]と夕顔[三三] −
  5. 「帚木」の巻名と存続
  6. 結び
      1.後期挿入と経済性
        (1) 貴重品としての和紙
        (2) 源氏物語執筆の費用
紫式部の人格形成
  1. 紫式部幼児体験と性格形成
  2. 紫式部日記の消息文部分
     
  3. 表・消息文部分の構造と構成
        〜消息文部分の構造と構成(全体的考察)
            
  4. 清少納言批判
     
  5. 紫式部と漢籍の学問
        〜漢籍の学問に対する態度〜
     
  6. 幼少時体験としての漢籍の学問

  7. 父より早く越前より帰京した理由とその行為から導かれるものは何か

古典総合研究所ホームページへ